【入院記録⑦】やっと食事解禁!そして病院への不信感が、、【十二指腸ポリープ切除術】

無事十二指腸ポリープ切除も終わり、どのように過ごしたか

書きたいと思いますー!

 

 

ついに食事がとれる!

 

待ちに待った食事!!!!!

丸2日断食で、その前日も流動食だったので

もうほんとに空腹でフラフラでした(;_;)

 

「食事が届きました」の、病棟放送をいまかいまかと待ち続け

放送が流れた瞬間、すぐにベッドから起き上がりもらいにいきました笑

 

食事はこんなかんじ。

ごはんはとろとろのおかゆですが、おかずはわりと普通。

しかも、味も美味しい。

 

お腹空きすぎててあっという間に食べちゃいました。

 

検温血圧測定。やっと点滴と心電図をとってもらう

 

基本的にその日の担当の看護師さんが検温と血圧を測りにきてくれます。

朝昼晩かな?

 

朝に食事がとれたので

そのあとやっと点滴と心電図をはずしてもらえました。

 

前日の夜に、かぶれてて痒くなってたから

「まだとってもらえませんか、、?」って聞いたけど

「明日までつけててください」と言われたのでつけてたら

 

やはりかぶれてた、、。

 

さらに心電図のはがすのに勢いよくはがされて、皮むけた、、。

 

はがされた時イタッってなったので、看護師さんに

「痛いんですけどなんかなってないですか??」

と聞いたのですが、

「えー、、、ちょっと赤くなってるくらいですかねぇっ」ってかんじで。

 

結局退院してからも数日間カサブタになってました。笑

 

 

さらに不信感が。病室にまさかの落し物!!
退院前日ですが、友人がお見舞いにきてくれました。
その友人を見送った後
病室内、向かいのベッドのカーテンの外のところに
カッター?カミソリ?みたいなものが落ちてまして、、。
そういえば、数分前まで向かいのベッドの人、ドクターが来てなんか処置してもらってるみたいだったなー、と思い出し
落ちてたのは使い捨て医療メスかなと。
(後からネットで画像検索してみたらやっぱりそうだったっぽい)
とりあえず落ちたままになってるのもどうかと思うので
ナースステーションへ持って行きました。
「病室にこれ落ちてたんですけど」
と持っていくと
カウンター越しにいた看護師さん二人
「え、、何、、?」みたいなかんじで苦笑い
「とりあえずここ置いてもらえますか、、」
と言われたのでそのカウンター上に置いてきましたが。
私の予想だと
「こんなもの落ちてるなんて!!すいません!!」
とか言われるかなと思ったのですが
「落としたの私たちじゃなくてドクターだしーっ」
ってかんじなのですかね??
なんとかやりすごし、夜、ドクターが来るが、、、
せっかく友達が来てくれたりしたのに、モヤモヤした一日になっちゃったなぁーと思いながらも
夕方までなんとか時間をつぶして
朝夕とだいたい見に来てくれてたのでドクターが来ました。
主治医ではなく、いつも一緒についてた若めの方でした。
「明日退院ですねー!」と、注意事項など書かれた紙を渡され
説明し始めようとしたのですがー、、
「、、退院日まちがってるのもってきちゃったので直してきますねー💦」
とのこと。笑
退院日のゴタゴタも、入院初日からさらに処置後も間違ってたりで
ここでもか!と思いながらも
先生自身が気付いてなおしに行ってくれたのでまぁいいかと、、。
しばらくして戻ってきて、退院後の過ごし方の注意点などを聞き、サインしました。
ついでに聞いてみた『十二指腸は大腸の一部』説
そうだ、初日に看護師さん言ってたの間違いだよね?病院側にみとめてほしいよね?
的なことを思ってしまい
聞きました。
「初日に看護師さんに間違いを指摘したら
十二指腸は大腸の一部なので間違ってないです
って言われたんですけど
小腸の一部ですよね??」
と。笑
先生は丁寧に説明してくれて、初日の間違いが起こってしまった経緯も説明してくれました、、
この先生にはわるいことしちゃったかな?
まとめ
いろいろなことがどんどんかなさっていき
病院への不信感がつのるばかりだったのでした。笑
いや、笑えないー!
つづく